「イヴ・サンローラン」没後日本初の大回顧展が、2023年9月に国立新美...

「イヴ・サンローラン」没後日本初の大回顧展が、2023年9月に国立新美...

「イヴ・サンローラン」没後日本初の大回顧展が、2023年9月に国立新美術館にて開催

「イヴ・サンローラン」没後日本初の大回顧展が、2023年9月に国立新美術館にて開催
国立新美術館, イヴ・サンローラン, リスチャン・ディオール,映像・写真,グラフィックデザイン,ファッション,アート

東京・六本木の国立新美術館にて、日本およびアジア初の大回顧展となる「イヴ・サンローラン展」が、2023年9月20日から12月11日まで開催される。

1958年にクリスチャン・ディオールの急逝をうけ、ブランド「クリスチャン・ディオール(DIOR)」のデザイナーとしてデビューしたイヴ・サンローラン。1962年に自身のブランド「イヴ・サンローラン」を発表し、2002年に引退するまで、約半世紀にわたり世界のファッションシーンをリードし続けてきた。

序章と11章から構成される同展では、ディオールでのデビューからブランドとして初のコレクション、そして独自のスタイルを確立するまでを一挙に紹介。テキスタイル作品110点のほか、グラフィック作品124点、写真作品30点、ジュエリー55点が展示される予定だ。

https://ysl2023.jp/

Comments (0)
Top