宝塚に映画館があった頃。

宝塚に映画館があった頃。

公募写真「宝塚東映前にて」1960年ごろ/個人蔵
公募写真「宝塚東映前にて」1960年ごろ/個人蔵

兵庫の宝塚市立文化芸術センターにて、映画館が、歌劇や温泉と並んで宝塚の顔の一つだったことを、宝塚の「場所の記憶」として刻む企画展「宝塚に映画館があった頃。」を2023年1月29日から2月26日まで1カ月にわたり開催します。

宝塚市は、1938(昭和13)年に武庫川町に映画撮影専用のスタジオが建てられ、戦後、1951(昭和26)年には宝塚映画製作所が設立されるなど、映画製作に縁の深いまちでした。また昭和30年代、映画が最大の娯楽だった当時、宝塚には複数の映画館が同時に存在しており、上映告知ポスターや看板がずらりと並んでいるまちの風景がありました。しかし高度経済成長期を経て、テレビなどのメディアや娯楽の発展とともに、宝塚市から映画館が消え、1972(昭和47)年から約27年もの間、映画館が存在しませんでした。しかし、映画館を求める市民の声を受け、震災復興の再開発事業として1999(平成11)年に「シネ・ピピア」が誕生。今や多くの映画ファンが通う映画館として愛されています。

本展では、宝塚に映画館があった頃の公募写真の展示をはじめ、宝塚市立中央図書館に寄贈された懐かしい映画ポスターのコレクション、映画館跡地をマッピングした地図など、さまざまな展示を通して映画館があった「場所の記憶」を呼び起こし、人々の心に刻みます。また、シネ・ピピアの紹介では映写室や映画館内を記録した写真展示のほか、支配人景山理氏によるトークイベントもおこないます。

《本文はプレスリリースの紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2023/01/29(日)~2023/02/26(日)
時間 10:00 ~ 18:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 水曜日
入場料 一般(高校生以上)800円/中学生以下無料
会場
  • 宝塚市立文化芸術センター
  • 2F メインギャラリー
  • 兵庫県宝塚市武庫川町7-64
会場電話番号 0797-62-6800
会場URL https://takarazuka-arts-center.jp/
詳細URL https://takarazuka-arts-center.jp/post-exhibition/post-exhibition-2737/
Comments (0)
Top