美を創造する時間と銀座の歴史を感じる「SHISEIDO 花椿 GALL...

Nerhol, 資生堂, 宮永愛子, 花椿, Sony Park Mini,アート,ファッション

資生堂の企業文化誌『花椿』と資生堂ギャラリーが、Sony Park Miniとのコラボレーションのプログラムとして、12月5日から12月18日まで「SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini」を開催しています。

本レポートでは、展示のコンセプトやアーティストの作品内容などをご紹介します。

「SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini」とは

『花椿』は、今年創業150周年を迎えた資生堂が1937年に創刊した企業文化誌で、資生堂からお客さまへの「美しき贈り物」として、美容やカルチャー、ファッションなど人の暮らしのさまざまな美を取り上げてきました。

本展は『花椿』と、1919年オープンの「資生堂ギャラリー」が共同で企画したプログラム。同じく銀座に位置するSony Park Miniを資生堂ギャラリーのミニ版としてコラボレーションし、2022年9月に刊行された『花椿』2022年創業150周年記念号の立体化を試みるイベントです。本展では、記念号に参加したアーティストのNerhol(ネルホル)さんと宮永愛子さんによる作品が展示されています。

花椿

『花椿』2022年創業150周年記念号

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

西銀座駐車場の地下1階にある『SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini』に一歩足を踏み入れると、まず飛び込んでくるのが常設のカフェ「西銀座駐車場コーヒー」。店員さんに誘導され、まずはコーヒーを注文。一杯一杯を丁寧にハンドドリップで抽出しながら、今回の企画内容についても教えていただきました。

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

コーヒーを受け取ってギャラリーへ足を踏み入れると、アーティストのNerholさん、宮永愛子さんの展示作品に加え、約90年前に放送された、資生堂商品の宣伝のため商品名が記載されたパラソルを持ったモデルが、銀座の街を闊歩する様子をとらえた映像が放映されていました。映像は、当時の使用した機材を再現した複数のソニー製のテレビ画面に映し出され、昭和の時代にタイムスリップしたような感覚に。

銀座の歴史の積み重ねを感じる作品たち

■Nerhol

田中義久さんと飯田竜太さんの二人からなるアーティストデュオ。連続撮影した写真数百枚のプリントを束ね、それを彫り込むことで生まれる立体作品を発表後、ポートレート、街路樹、動物、水、あるいはネット空間にアップされた記録映像など、さまざまなモチーフを選びながら、それらが孕む時間軸さえゆがませるような作品で注目を浴びています。

本展では、資生堂が「1872年の創業以来積み重ねてきた時間」に着目し、『花椿』2022年記念号の企画で掲載した作品と未掲載の作品の計7点を展示。1932年頃と1961年頃の映像を題材として制作し、映像を連続撮影し、何重にも重なる写真を彫ることによって生まれたゆがみが「美」を創造するために積み重ねてきた企業である資生堂の時間と、想いに重なります。幾重にも重なる写真に掘り込みを入れることで1枚の写真の中で時間が経過する様子を感じられる作品でした。

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

■宮永愛子

京都府京都市出身の現代美術家である宮永さん。日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品を手がけています。資生堂ギャラリーでは「化粧行為による人の記憶」に着目し、資生堂の化粧品をナフタリンでかたどったオブジェを用いた作品を展示しています。

本展では、銀座の花椿通りから採掘された土を使って制作した作品を展示。会場に置かれたつぼの中をのぞくと、採掘された土を素材に加えた緑のガラスを見ることができます。

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

なお、会期中は資生堂ギャラリーとSony Park Miniの両会場を巡るスタンプラリーも開催中。会場のスタンプが押されたコースターを持参すると、先着で数量限定のステッカーやトートバックがもらえます。

SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini

銀座の土地に根付き、美を創造してきた資生堂の歴史を感じることのできるアート空間「SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini」。ぜひ足を運んでみてください!

■「SHISEIDO 花椿 GALLERY Mini」 開催要項
会期:2022年12月5日(月)~12月18日(日) 11:00~19:00
会場:Sony Park Mini(東京都中央区銀座5丁目3番1号地先 西銀座駐車場地下1階)
料金:入場無料
主催:花椿、資生堂ギャラリー、Sony Park Mini
本プログラムWebページ:https://www.sonypark.com/mini-program/list/022/
資生堂ギャラリー:http://group.shiseido.co.jp/gallery/?rt_pr=trm37
椿会特設ページ:https://gallery.shiseido.com/jp/tsubaki-kai/?rt_pr=trm37
ウェブ花椿:https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/?rt_pr=trm37

取材・文:比留間彩乃 編集:石田織座(JDN)

Comments (0)
Top