中国を代表する国際デザイン賞「DIA2022」の受賞発表会が12月9日...

中国を代表する国際デザイン賞「DIA2022」の受賞発表会が12月9日...

中国を代表する国際デザイン賞「DIA2022」の受賞発表会が12月9日に開催

中国を代表する国際デザイン賞「DIA2022」の受賞発表会が12月9日に開催
DIA,プロダクトデザイン

中国を代表する国際的なデザイン賞「DIA(DESIGN INTELLIGENCE AWARD)」の2022年度の受賞発表会が、12月9日にYoutubeにてオンライン公開形式で開催される。

中国美術学院と中国工業デザイン協会が主催し、浙江省政府が後援するデザイン賞である「DIA」。2015年にスタートし、この7年間に70カ国・地域から4万3,000件を超える応募があり、中国を代表する国際的なデザイン賞の一つとなっている。2022年度のテーマになったのは「デザイン協同」。受賞対象は355件で、そのうち日本の企業やデザイナーから応募された21件のデザインがDIA賞を受賞した。

主催のDIAおよび国際デザイン研究フォーラムは、より多くの方に受賞デザインの素晴らしさを共有することを目的に、2020年から受賞発表会を開催している。今回は「DIA2022 受賞発 表会・東京」とし、12月9日にオンライン公開形式で開催。同発表会では、日本からの受賞デザインを紹介すると共に、「人工物と身体」をテーマに、ロボットの未来を考えるラウンドテーブルがおこなわれる。

【受賞デザインプレゼンテーション】
カミソリ [紙カミソリ™]
壁面収納式担架 [ラピッドレスキュー]
ロボット [文楽人形ロボット]

【ラウンド・テーブル「人工物と身体」】
DIA審査員 山﨑宣由(東京藝術大学 准教授)
DIA受賞デザイナー 中川志信(大阪芸術大学 教授)
DIA受賞デザイナー 青木俊介(ユカイ工学 代表)
司会進行 青木史郎(国際デザイン研究フォーラム)

■受賞発表会
日時:2022年12月9日(金)18:30~20:30

DIA2022受賞発表会・東京

■DIA公式サイト
https://www.di-award.org/

Comments (0)
Top