「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」グランプリが発表、...

「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」グランプリが発表、...

「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」グランプリが発表、受賞作品が東京ミッドタウンにて11月6日まで展示

TOKYO MIDTOWN AWARD 2022 グランプリ(左)デザインコンペ グランプリ作品「souvenyl chair」(右)アートコンペ グランプリ作品「But he has nothing on at all」
東京ミッドタウン, TOKYO MIDTOWN AWARD,アート,映像・写真,グラフィックデザイン,建築,プロダクトデザイン,ライフスタイル

東京ミッドタウンが主催する、デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」の受賞・入選作品が10月13日に発表された。

同コンペは、才能ある若手デザイナーやアーティストとの出会い、応援、コラボレーションを目指すもので、デザインコンペ・アートコンペの2部門を設け、幅広く参加作品を募集している。15回目となる今回は、総計1,481件(デザインコンペ1,218件/アートコンペ263件)の応募の中から16作品が選ばれた。グランプリは以下のとおり。

【デザインコンペ:グランプリ】
テーマ:TRIP
作品名:souvenyl chair
受賞者:ツルタシュリ

【アートコンペ:グランプリ】
テーマ:応募者が自由に設定
作品名:But he has nothing on at all
受賞者:中田愛美里

デザインコンペのグランプリに選ばれたのは、ツルタシュリによる、ビニール袋を椅子にアップサイクルするという「souvenyl chair(スーべニール チェア)」。旅先でもらうお土産袋や生活の中でもらう袋を加熱加工し、世界でたった一つの「お土産のような椅子」をつくるという提案だ。

アートコンペのグランプリには、中田愛美里による「But he has nothing on at all」が選ばれた。SNSで集めた着飾られた犬たちをモチーフに、社会の中で“本当の自分ではない誰か”を無意識に演じさせられている人々の肖像を描いた作品。

グランプリを含め、両部門で受賞・入選した16点は、10月13日から11月6日まで、東京ミッドタウンのプラザB1 メトロアベニューにて展示される。会場では、毎年デザイナーやアーティストによって異なるデザインでつくられるトロフィーも展示。今回はデザインコンペの審査員である、えぐちりか氏がデザイン・制作した作品トロフィーが飾られている。なお、会期中は、来街者やオンラインでの一般投票で人気作品を選出する「オーディエンス賞」も実施される。

TOKYO MIDTOWN AWARD 公式ホームページ
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2022/

TOKYO MIDTOWN AWARD 2022 結果発表ムービー
Comments (0)
Top