テーマは環(めぐ)るデザイン、「Tokyo Midtown DESIG...

TAKT PROJECT, YOY, Tokyo Midtown DESIGN TOUCH, ミラノサローネ, 吉泉聡, TOKYO MIDTOWN AWARD, DESIGNART, ENERGY MEET, グッドデザイン賞, CORNER, 東京ミッドタウン, 永山祐子,建築,プロダクトデザイン,エンターテインメント

東京ミッドタウンが主催するデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」が、10月14日から11月3日まで開催されます。“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトにした本イベントは、今回で15回目。

キービジュアルは、2022年のJAGDA新人賞を受賞した竹田美織さんが担当。人間にも自然にも等しく循環する水と、水の脈をモチーフとしています。

「環るデザイン – Design for Sustainable Future -」をテーマに掲げた今回は、人々の生活が大きく変化し、新しい価値観が次々と生まれているなか、持続可能な未来へのヒントをデザインを通して探ります。本記事では、メインとなるインスタレーションをはじめ、編集部が注目する展示をご紹介します。

廃棄された漁網を使ったインスタレーション

芝生広場では、建築家・永山祐子さんの設計による「うみのハンモック」が登場。約36×12mという大小のハンモックで構成された大型インスタレーションで、ハンモックとタープの素材には、廃棄された漁網をアップサイクルした糸を利用しています。海洋汚染や生態系への影響が問題となっている海洋ゴミを循環のデザインにのせることで、“めぐる”モノとして人々に知ってもらい、体感してもらうという作品です。

遠くから眺めると、大きな波や小さい波が広がるように見えるインスタレーションは、上に乗って遊んだり、タープの日陰で休んだり、来場者によって体験の仕方はさまざま。夜にはライトアップもされるため、時間によってちがう見え方を楽しむことができそうです。

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~21:00
【場所】芝生広場

新たな農業の可能性を探る“都市を耕す”インスタレーション

ミッドタウン・ガーデンに展示されるのは、建築家集団/デザインユニットのENERGY MEETによるインスタレーション「F.A.R.M.-Future Agricultural Rights for Mankind-」です。蘆田暢人さん、オオニシ・タクヤさん、Alvaro Contiの3人の建築家が2010年に立ち上げたENERGY MEETは、デザインを通してエネルギーと社会をつなげることをテーマに、日本とタイを中心に活動しています。今回の作品は、農園が立体展開するような都市型農業の可能性を切り拓き、それぞれの人の手へ農業という営みを届けるための実験的インスタレーションです。

栽培基盤やエネルギーなど、農業に必要とされるさまざまな要素を分解しユニット化し、それらをブロック的に組み合わせて積み上げていくことで、農業という循環系システムを簡単に構築できるようデザインしたそう。本作でENERGY MEETは、来場者が農業への意識を持ち、積極的に参加できるようなきっかけを与えることを目指しています。

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~21:00
【場所】ミッドタウン・ガーデン

環境と繋がり、環境に溶け込むインスタレーション

吉泉聡さんが代表を務めるTAKT PROJECTは、同じくミッドタウン・ガーデン内に約2,000個の花のようなオブジェ「equilibrium flower」を制作。その土地と結びつくことで生まれ、環境と美しく共鳴するデザインについて考えられた本作では、独自に開発した「熱で硬くなる生地」に部分的に熱をかけ、硬くて柔らかい、花のようなオブジェを生み出しました。

さらに会期中には、花のオブジェをつくり、ミッドタウン・ガーデンにある植物で作品の草花染めをおこなうワークショップも実施。草花染めをすることで土地との結び付きも与え、工業的な素材に“新たな意味”を持たせます。なお、夜には約2,000個のオブジェがほのかに灯る、幻想的な空間があらわれます。

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~21:00
【場所】ミッドタウン・ガーデン
【ワークショップ】https://6mirai.tokyo-midtown.com/event/2022_pjt04/

生命の多様性が感じられるインスタレーション

クリエイター集団のCORNERが手がけるのは、動物の心拍に合わせて明滅する光を通し、生命の多様性を感じられるインスタレーション「Life Beat」です。CORNERは、アーティスト、デザイナー、テクノロジストからなる、創造の可能性を広げることを目的としたクリエイター集団。メンバーの若田勇輔さんと金澤佐和子さんは、東京ミッドタウンが主催する「TOKYO MIDTOWN AWARD 2020」にてデザインコンペのグランプリを受賞しています。

本作は、大小さまざまな動物ごとの心拍のリズムでライトを明滅させ、作品全体が大きな光の集合体となり、それらが同一方向へ歩く様子から「人間単体ではなく多様な生物の関わり合いによって、生命が続いていく」ということを伝えます。

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~20:00
【場所】ガレリア2F Iucien pellat-finet横

ソニーによる“宇宙の視点”を体験できる空間

ソニーは、JAXAや東京大学と共同で進めている「STAR SPHERE – space inspiration project -」をもとにした、“宇宙を遊ぶ”体験空間「PLAY SPACE.」を出現させます。

同プロジェクトにて打上げ予定の超小型人工衛星を使い、宇宙から地球を撮影するシミュレーション体験“Space Shooting Lab”をはじめ、“宇宙の視点”にインスパイアされたクリエイターやアーティストを招いてのステージイベントなど、さまざまな宇宙コンテンツのプロトタイプを体験できます。

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~21:00(予定)
【場所】アトリウム

Salone in Roppongi

2013年よりミラノサローネなど海外で活躍する建築家やデザイナーなどのクリエイターに焦点をあて、インスタレーションを中心に展示をおこなってきたSalone in Roppongiが、3年ぶりに開催。今回はデザインスタジオYOYをフィーチャリング・アーティストに迎え、「水」をテーマに制作した新作プロダクト「PUDDLE」を展示します。

Salone in Roppongi

【期間】10月14日(金)~11月3日(木・祝)
【時間】11:00~20:00
【場所】ガレリア3F IDÈE SHOP/IDÈE CAFÈ
【主催】Salone in Roppongi 実行委員会
【協力】東京ミッドタウン

「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」受賞作品発表・展示

東京ミッドタウンが主催し、デザインとアートの2部門で次世代を担うクリエイターを発掘・応援する「TOKYO MIDTOWN AWARD」も今年で15回目を迎えます。多くの人が行きかうプラザB1 メトロアベニューにて、本年度の全受賞作品を発表・展示。10月13日には授賞式の様子をライブ配信し、第一線で活躍する審査員による熱い議論を重ねた末の審査結果、総評コメントが発表されます。

【期間】10月13日(木)~11月6日(日)
【場所】プラザB1 メトロアベニュー
【ライブ配信】https://twitter.com/midtown_award(※アワード公式Twitterからライブ配信)

そのほかにも会期中は、建築ディレクター・溝端友輔(NOD)による3Dプリントプロダクトの展示、各分野で活躍するデザイナーや企業が講演やトークセッションを行う「DESIGN TOUCH Conference」、2022年度グッドデザイン賞の「ベスト100」の展示を中心におこなう「GOOD DESIGN EXHIBITION 2022」、「環るデザイン」をキーワードに2組のクリエイターが制作した作品を展示する「DESIGNART TOKYO 2022」なども開催。

毎年デザインイベントが多くひしめきあう秋の東京。六本木というデザインとアートに近くでふれられるまちで、五感を使ったインスタレーションを体験してみてはいかがでしょうか。

■Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/designtouch/

■Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022 クリエイターインタビュー動画
建築家・永山祐子さんインタビュー
https://youtu.be/5G2z0HAN2Fk
ENERGY MEETインタビュー
https://youtu.be/RMcYeQ8AwGM
TAKT PROJECT 代表/デザイナー・吉泉聡さんインタビュー
https://youtu.be/9nhBJjhzo7w

執筆:石田織座(JDN)

Comments (0)
Top