ソニーのデザイン部門が、現実とバーチャル世界を融合させた展示「INTO...

ソニーのデザイン部門が、現実とバーチャル世界を融合させた展示「INTO...

ソニーのデザイン部門が、現実とバーチャル世界を融合させた展示「INTO SIGHT」をロンドンデザインフェスティバル 2022に出展

ソニーのデザイン部門が、現実とバーチャル世界を融合させた展示「INTO SIGHT」をロンドンデザインフェスティバル 2022に出展
ソニー, ロンドンデザインフェスティバル, INTO SIGHT,アート,映像・写真,エンターテインメント

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)のデザイン部門であるクリエイティブセンターは、9月17日から25日にイギリス・ロンドンで開催される世界規模のデザインイベント「ロンドンデザインフェスティバル 2022」に、「フィジカルとメタ・リアリティの世界の融合」をテーマとした「INTO SIGHT」を出展している。

「INTO SIGHT」は、現実とバーチャルの世界を融合させた新しいメディアプラットフォームの実験的な展示。透明のガラス壁面や、光を反射する天井・床で構成される展示内では、来場者の動きに呼応するように光、色、音が変化し、現実とは異なる空間を体験できる。これはソニーの高画質LEDディスプレイ「Crystal LED」やセンサー技術を組み合わせて実現したもので、センサーがリアルタイムに人の動きをとらえ、その動きに応じたインタラクションを映像や音楽として表現するという。

「INTO SIGHT」は、「友人や家族とのつながりや絆を、テクノロジーの力でより印象的な体験や価値として提供できないか」「現実とバーチャルの体験を心地よく融合させる中間地点はどこなのか」「人に寄り添うテクノロジーのあり方、そのインタラクションはどうあるべきか」という問いにデザイナーたちが取り組んでデザインを行った。展示を通じ、フィジカルとメタ・リアリティの世界の融合によって生まれる新しい価値や可能性を探る。

https://www.sony.com/ja/SonyInfo/design/intosight/

Comments (0)
Top