アートディレクションを岡本健が担当、デザイナーが自分で使いたいものだけ...

アートディレクションを岡本健が担当、デザイナーが自分で使いたいものだけ...

アートディレクションを岡本健が担当、デザイナーが自分で使いたいものだけをカタチにするブランド「LIFEWORKPRODUCTS」がデビュー

ブランドロゴブランドロゴ
宮沢哲, アンドデザイン株式会社, 岡本健デザイン事務所, 前田博雅, LIFEWORKPRODUCTS, 岡本健,プロダクトデザイン

デザイン事務所のアンドデザイン株式会社が、暮らしに関わるプロダクトの新ブランド「LIFEWORKPRODUCTS(ライフワークプロダクツ)」をスタートした。

プロダクトデザインに関わるデザイナーが主体となり、暮らしのなかで真に使いたいと思うものを、パートナーとなるメーカーと協働して「正直なカタチ」として製品にしていく同ブランド。サステナブルなものづくりを目指し、生活の一部となって長く使えるものを適正な数量でつくっていく。使い方に応じて柔軟にカタチが変化するブランドロゴは、ブランドとして「変化しつづける」「変化を許容する」ことを表現しているという。

製品デザインは、 アンドデザインのプロダクトデザイナーでありLIFEWORKPRODUCTSのディレクターも務める宮沢哲をはじめとしたアンドデザイン内のデザイナーがおこなうほか、外部デザイナーとのコラボレーションも実施。

ネーミング・ロゴやウェブサイト含むブランド全般のアートディレクションは、岡本健デザイン事務所のグラフィックデザイナー・岡本健が担当する。公式Webサイトのサイトトップ映像は映像作家の前田博雅が手がけた。

https://lwps.jp/

Comments (0)
Top