クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが、新アートセンタ...

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが、新アートセンタ...

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが、新アートセンターとして2023年9月リニューアルオープン

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが、新アートセンターとして2023年9月リニューアルオープン
クリエイションギャラリーG8, ガーディアン・ガーデン, 平井政俊建築設計事務所, リクルート, グラントウキョウ,アート,グラフィックデザイン

株式会社リクルートホールディングスは、同社が銀座で運営するギャラリー、クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンを2023年8月で活動終了し、新アートセンターとして東京駅八重洲南口直結のグラントウキョウサウスタワー1階に2023年9月にリニューアルオープンする。

1985年にオープンしたクリエイションギャラリーG8は、優れたクリエイターやデザインを紹介する場として、これまで400件以上の展覧会を開催。1990年オープンのガーディアン・ガーデンは、「1_WALL」をはじめとするコンペティションを120回以上開催するなどして、若手クリエイターに表現する機会と場所を提供してきた。

拠点を銀座から同社の本社所在地である八重洲に移してオープンする新アートセンターでは、制作歴10年未満のアーティストを対象にした公募展やグランプリ個展、外部のキュレーターや批評家との協業による若手アーティストのリサーチと展覧会の開催、若手から中堅までのアーティストによる展覧会の開催の3つの活動を中心におこなう。同センターの設計は、平井政俊建築設計事務所が手がける。

また、「リクルートアートセンタープロジェクト」としてオープンに向けたさまざまな企画やイベントを計画中。第1弾として、7月27日に施工前のスペースで「遮光実験映画祭」を開催した。2023年2月には併設のカフェの営業を開始する予定だ。オープンまでの活動は、同プロジェクトのWebサイトなどで紹介される。

http://rcc.recruit.co.jp/g8/information/20220801_46320.html

Comments (0)
Top