ブルーパドルが、赤ちゃんや子どもがいるときだけ遊べるカードゲーム「0歳...

ブルーパドルが、赤ちゃんや子どもがいるときだけ遊べるカードゲーム「0歳...

ブルーパドルが、赤ちゃんや子どもがいるときだけ遊べるカードゲーム「0歳ボドゲ」「1〜6歳ボドゲ」を発売

ブルーパドルが、赤ちゃんや子どもがいるときだけ遊べるカードゲーム「0歳ボドゲ」「1〜6歳ボドゲ」を発売
秋山乃佑, 佐藤ねじ, ブルーパドル, 中山信一, HAFT DESIGN,エンターテインメント

株式会社ブルーパドルが、0歳や1〜6歳の子どもがいるときだけ遊べるカードゲーム「0歳ボドゲ」と「1〜6歳ボドゲ」を発売した。

「0歳ボドゲ」は、15秒後の赤ちゃんの行動を予想するゲーム。「泣く」「わらう」「ねてる」といったアクションを手持ちの5枚のカードから選び、誰が当たるかなどを楽しむもので、同社の代表でクリエイティブディレクター/プランナーの佐藤ねじさんの経験をもとに開発された。子どもが赤ちゃんのときに家族でゆっくりボードゲーム(ボドゲ)ができなかったことから、逆転の発想で「0歳の子がいるときだけ遊べるボドゲ」として考案、製品化した。

また、「1〜6歳ボドゲ」は、プロダクトデザイナー/アナログゲーム作家のHAFT DESIGNの秋山乃佑の発案により制作されたゲーム。「5秒とまる」「バンザイする」「でんぐり返し」といった手持ちのアクションカードの内容を1〜6歳の子どもに実行してもらうというシンプルなものだが、ほかのプレイヤーにアクションの内容がばれるのはNGのため、指示に工夫が必要となる。なお、アクションカード49種類の絵はイラストレーターの中山信一が描き起こした。

https://0sai.blue-puddle.com/

Comments (0)
Top