兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代

兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代

田嶋悦子《Hip Island》1987年 2017年西宮市大谷記念美術館での展示風景 岐阜県現代陶芸美術館蔵 撮影:高嶋清俊田嶋悦子《Hip Island》1987年 2017年西宮市大谷記念美術館での展示風景 岐阜県現代陶芸美術館蔵 撮影:高嶋清俊

なぜ、いま80年代なのでしょうか?

兵庫県立美術館の前身である兵庫県立近代美術館では、かつて「アート・ナウ」というシリーズ展を開催していました。その年、目覚ましい活躍をみせた作家を紹介し、関西アート・シーンのいまを伝えようとする名物展覧会でした。特に80年代にはまだ20代の作家が続々と参加し、競うように大作を発表する場となります。折しも関西では活きのいい若手が「関西ニューウェーブ」として注目を集めており、前例にとらわれない個性的な表現ゆえに、現代美術は「西高東低」とも言われました。

時代はバブル景気とポストモダン、何とも華やかで恵まれた状況にも思われますが、いまや国内外で活躍する作家たちも当時はまだ駆け出しです。70年代の禁欲的な傾向とは一転、心躍る色やイメージにあふれた作品群は、ニッポンの片隅で美術作家として何を作りどう生きていくのか、大いに悩みつつそれぞれのリアリティを掘り下げた成果であり、結果的に現代にまで引き継がれる数々の表現語彙を生み出しました。現代アートの原点とも言える80年代、関西発の類を見ない作品群は、困難ないまをよりよく生きるヒントを与えてくれるに違いありません。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●京阪神ニューウェーブ鼎談
講師:山部泰司、福田新之助、杉山知子(出品作家)
日時:6月26日(日) 15:00~16:30(開場は30分前から)
会場:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
定員:120名
※先着順、要観覧券、芸術の館友の会会員優先席あり

●講演会「1980年代を語れるのか?」
講師:島 敦彦(国立国際美術館館長)
日時:7月24日(日) 14:00~15:30(開場は30分前から)
会場:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
定員:120名
※先着順、要観覧券、芸術の館友の会会員優先席あり

●テーマ・レクチャー
講師:江上ゆか(兵庫県立美術館 学芸員)
時間:各日15:00~15:40(開場は30分前から)
会場:兵庫県立美術館 レクチャールーム
定員:50名(先着順)

(1)「アート・ナウと関西の80年代」
日程:7月9日(土)

(2)「インスタレーションを展示する」
日程:8月6日(土)

開催期間 2022/06/18(土)~2022/08/21(日)
時間 10:00~18:00(入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(7/18は開館)、7/19
入場料 一般1,500円/大学生1,100円/70歳以上750円/高校生以下無料
参加アーティスト 奥田善巳、北辻󠄀良央、朝比奈逸人、飯田三代、北山善夫、栗岡孝於、辰野登恵子、中谷昭雄、福嶋敬恭、堀尾貞治、榎忠 他
会場
  • 兵庫県立美術館
  • 企画展示室
  • 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
会場電話番号 078-262-1011
会場URL https://www.artm.pref.hyogo.jp/
詳細URL https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_2206/
Comments (0)
Top