甲冑の解剖術―意匠とエンジニアリングの美学

甲冑の解剖術―意匠とエンジニアリングの美学

甲冑の解剖術―意匠とエンジニアリングの美学

戦国時代から江戸時代にかけて、戦いの場で、武士の誇りと力の象徴として独自の展開を遂げた甲冑。蒔絵や金工、組ひもなど工芸的な技と斬新な意匠を駆使した美学と、防具としての機能性やエンジニアリングの発達。これらの魅力を現代アーティストによる空間デザインで展示します。細部や構造をデジタル解析したライゾマティクスによる映像や、甲冑を現代人の身体のリアリティにしなやかにつなげるナイル・ケティングの空間デザインを通して、甲冑は現在の私たちに語り始めます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2022/05/03(火)~2022/07/10(日)
時間 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
休館日 月曜日
入場料 一般750円/大学生520円/小中高生260円/65歳以上の方600円
会場
  • 金沢21世紀美術館
  • 展示室6、14
  • 石川県金沢市広坂1-2-1
お問い合わせ 076-220-2800
会場URL https://www.kanazawa21.jp/
詳細URL https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1799
Comments (0)
Top