「日常をととのえる」展

「日常をととのえる」展

「日常をととのえる」展

私たちの暮らしは、進学や就職、結婚、育児などライフスタイルの変化に合わせて、住まいや暮らし方が変化していきます。また、気分を変えたいときは、部屋の模様替えをしたり、アロマなどで香りを変えてみたりします。この冬、はじまりの美術館もより良い場所にするために設備工事をしました。年間を通して、ご来館いただいた方に心地よく過ごしていただけるようになったかと思います。

一方、近年菌類など目に見えない微生物の働きが注目されています。酒蔵など発酵にかかわる方の話や本を読むと、人ができるのは菌が働きやすいよう手助けすることだというお話もあります。菌類や微生物はさまざまな形で私たちが暮らす環境をととのえてくれています。実は私たちの暮らしが変わることも、環境を変化させることも、何かをととのえることにつながっていると言えるのではないでしょうか。

本展では、日常のなかにある何かをととのえることで、そのなかの変化を促すような表現や活動をする6組の作家を紹介します。自分自身やその物自体をすぐに変えることは難しいかもしれないけれど、何かをととのえることで変わっていく。この展覧会を通して、日常をととのえることを意識することが、気持ちの変化や居心地よい場所をつくるきっかけになればと願います。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●ギャラリートーク
日時:4月16日(土)、5月7日(土)、6月4日(土)、7月2日(土)14:00〜14:30
参加費:無料(要観覧料)
定員:5名(要予約)

●寄り合い~美術館周辺の環境をととのえる
日時:4月16日(土)、5月7日(土)、6月4日(土)、7月2日(土) 14:30~15:30
参加費:無料

●作家と一緒にととのえるワークショップ「そのまま着て帰ります。」
日時:6月18日(土) (1)10:30~13:00(2)14:30~17:00
講師:久村 卓(本展出展作家)
参加費:1,000円
定員:各回8名(要予約)

開催期間 2022/04/16(土)~2022/07/03(日)
時間 10:00~18:00
休館日 火曜日(5/3は開館)
入場料 一般500円/65歳以上250円
参加アーティスト 秋田公立美術大学 粘菌研究クラブ、鵜飼結一朗、THE COPY TRAVELERS、ぬかつくるとこ、久村卓、増子博子
会場
  • はじまりの美術館
  • 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
会場電話番号 0242-62-3454
会場URL https://hajimari-ac.com/
詳細URL https://hajimari-ac.com/enjoy/exhibition/totonoeru/
Comments (0)
Top