大阪・関西万博公式キャラクターデザインが決定、最優秀作品はロゴマークを...

大阪・関西万博公式キャラクターデザインが決定、最優秀作品はロゴマークを...

大阪・関西万博公式キャラクターデザインが決定、最優秀作品はロゴマークをキャラクターにしたデザイン

(左)基本デザイン(右)展開イメージ(左)基本デザイン(右)展開イメージ
大阪・関西万博,グラフィックデザイン,エンターテインメント

2025年に開催が予定されている日本国際博覧会(大阪・関西万博)の公式キャラクターデザインが、3月22日に発表された。最優秀作品は、デザイナー・絵本作家の山下浩平さんが代表を務めるグループ「mountain mountain」が制作したキャラクター案だ。

同キャラクター案は、「ロゴマークをそのままキャラクターにできないか?」というアイデアから生まれたもの。「水の都」と呼ばれる大阪の水とロゴマークを一緒にすることで、姿を変えられることをコンセプトにデザインされた。キャラクターに定まった形はなく、メインのデザインはあくまで形のひとつで、赤い部分は分裂し、青い部分は自在に形を変えるイメージということだ。

本作品は全1,898作品の中から選ばれたキャラクター案で、各選考過程を経て選ばれた最終候補作品3作品が3月2日に発表されていた。3月2日から3月10日まで実施された最終候補作品に対する意見募集には、40,704件もの意見が集まった。最終選考委員会では寄せられた意見を参考にしながら選考が行われ、最優秀作品が選出された。本作品について、意見募集では「インパクトがある」、「ユーモアがある、おもしろい」、「今までみたことがない、新しい」という意見が60%を超え多かった。

今後本キャラクターは、2020年8月に決定した公式ロゴマークに続く、もうひとつの大阪・関西万博のシンボルとして、大阪・関西万博のさらなる周知と機運の醸成に広く活用される。

公式ホームページ
https://www.expo2025.or.jp/

初出:コンテスト情報サイト[登竜門]
https://compe.japandesign.ne.jp/news/2022/03/63007/

Comments (0)
Top