原田裕規「Waiting for」

原田裕規「Waiting for」

《Waiting for》2021 © HARADA Yuki《Waiting for》2021 © HARADA Yuki

東京・新宿のKEN NAKAHASHIにて、原田裕規による個展「Waiting for」が4月10日まで開催しています。

これまでに金沢21世紀美術館と京都芸術センターで展示されたCGアニメーション作品《Waiting for》(2021年)を、ギャラリーの空間に合わせ、4Kモニターを用いて初めてフル解像度で展示します。この作品に映し出されるのは、いつまでたっても何も起きることのない架空の風景です。「レンダリング・ポルノ(Renderporn)」と呼ばれるCG表現の潮流に影響を受けた原田は、そこに「ゆっくり動いているような揺らぎ」を見て取りました。一方で、近年の世界に対して「何か大きな出来事が起きる前のざわめき」を感じていた作家は、レンダリング・ポルノの「揺らぎ」に、そうした「ざわめき」との類似を見出し、33時間19分にわたって何かの予感を伝え続ける《Waiting for》を制作しました。

世界全体が大きな変化のただ中にある今、本作に向き合うことで、その「ざわめき」の声にぜひ耳を傾けてみてください。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2022/03/11(金)~2022/04/10(日)
時間 11:00~19:00(土日は17:00まで)
休館日 月曜日、火曜日
入場料 無料
参加アーティスト 原田裕規
会場
  • KEN NAKAHASHI
  • 東京都新宿区新宿 3-1-32 新宿ビル2号館5F
お問い合わせ 03-4405-9552
会場URL https://kennakahashi.net/
詳細URL https://kennakahashi.net/ja/exhibitions/waiting-for
Comments (0)
Top