アール・ブリュット展「この街で待つ」

アール・ブリュット展「この街で待つ」

フライヤーデザイン:竹内公啓 フライヤー使用作品:筒井貴希「寺泊(青/大)」フライヤーデザイン:竹内公啓 フライヤー使用作品:筒井貴希「寺泊(青/大)」

東京の品川区立障害児者総合支援施設「ぐるっぽ」にて、「街」をテーマにしたアール・ブリュット展「この街で待つ」が3月6日まで開催します。

同施設は、品川の街に暮らす様々な地域住民の協力を得ながら、障害のある人たちがありのままの自分を安心して表せる日常を支える役割を担ってきました。そんな「街」への感謝の気持ちも込めて開催するのが本展です。

まず、全国のアール・ブリュット作家の創作を通じて生みだされた、都市や景観がテーマの絵画や造形物、街との独自の関わり方が現れる写真やオブジェを展示します。生活圏である街並みの変化を絶えず記録し続ける人、現実と想像が織り交ざった街を鳥のような目線で描き上げる人、かつて幾度となく立ち会った風景を想起し鮮やかな色彩で表現する人、街のコンビニなどのコピー機を駆使して、自身の顔とそのとき気に入ったものを毎日写し取る人…。「街」というモチーフやそれとの独自の関わりがいかに創造の源泉となるかを体験いただけるでしょう。また合わせて、同施設が位置する旧東海道品川宿エリアで古くから営まれてきた水辺での生活文化、かつての商店街の様子を記録した昭和30年~40年代の写真パネルと共に、現在同施設にてメンバー(利用者)たちがポラロイドカメラを片手に撮影している街並みの記録写真も織り交ぜて展示します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2022/02/24(木)~2022/03/06(日)
時間 11:00〜19:00
休館日 2/28
入場料 無料
参加アーティスト 井口直人、上村空、旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会、齋藤勝利、辻勇二、筒井貴希、なりきり!撮影クラブ(熊谷敏江、堀あおい、元吉淳)、藤井将吾、吉澤健
会場
  • 品川区立障害児者総合支援施設「ぐるっぽ」
  • 1F 多目的室2(展示室) ほか
  • 品川区南品川3-7-7
会場電話番号 03-6712-4406
詳細URL https://www.facebook.com/events/483502436461144?acontext=%7B%22event_action_history%22%3A[%7B%22extra_data%22%3A%22%22%2C%22mechanism%22%3A%22unknown%22%2C%22surface%22%3A%22page%22%7D%2C%7B%22extra_data%22%3A%22%22%2C%22mechanism%22%3A%22surface%22%2C%22surface%22%3A%22permalink%22%7D%2C%7B%22extra_data%22%3A%22%22%2C%22mechanism%22%3A%22surface%22%2C%22surface%22%3A%22edit_dialog%22%7D]%2C%22ref_notif_type%22%3Anull%7D
Comments (0)
Top