陰翳の中の色彩美 – 日本の伝統 –

陰翳の中の色彩美 – 日本の伝統 –

カラボギャラリー 第8回 企画展

陰翳の中の色彩美 – 日本の伝統 –

東京工芸大学 色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」では2021年12月17日(金)より2022年3月25日(金)まで第8回企画展『陰翳の中の色彩美-日本の伝統-』を開催いたします。

本企画展では、文化庁「令和3年度 大学における文化芸術推進事業」に採択された「アート&テクノロジーマネジメントにおける高度な理論及び実践力を持った工芸融合人材の育成」事業の一環として開催するものです。

カラボギャラリーでは、これまでに7回の企画展を開催しており、第8回となる今回のテーマは「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-」です。

本企画展は、実寸大の能舞台(一部)や西陣で織られた唐織の能装束、茶室の床の間等を展示し、太陽光の照度を吸収する壁に囲まれた薄暗い室内において発展してきた日本古来の色彩感覚について考える内容となっています。また、能装束については、「朱生成段替り花籠に藤萩文様唐織」と「紅浅葱段替り露芝に梅水仙の雪輪と垣に菊文様唐織」(西陣織)が入替で展示されます。日光の時間変化を模擬した照明下で本来の色彩美を体験できます。さらに、2022年2月19日(土)には、外部講師に松山隆之氏(能楽シテ方観世流)と、三浦大徹氏(武者小路千家)をお呼びして記念ワークショップの実施も予定しています。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【西陣織能装束展示期間】
第1回:2022年1月11日~1月21日
第2回:2022年3月7日~3月18日

【関連イベント】
●記念ワークショップ「文化の萃点(すいてん) ~能楽と茶の湯の陰翳」
日時:2月19日(土) 10:30~12:00
講師:松山隆之(能楽シテ方観世流)、三浦大徹(武者小路千家)
会場:東京工芸大学 厚木キャンパス 7号館 1F 711教室

開催期間 2021/12/17(金)~2022/03/25(金)
時間 12:00~17:00
休館日 土曜日、日曜日、祝日(不定期に開館・閉館する場合あり)、2021/12/25~2022/1/10
入場料 無料(事前予約制)
会場
  • 東京工芸大学 厚木キャンパス
  • 12号館 2F カラボギャラリー
  • 神奈川県厚木市飯山1583
会場電話番号 046-242-4111
会場URL https://collab.t-kougei.ac.jp/
詳細URL https://collab.t-kougei.ac.jp/8th-exhibition/
Comments (0)
Top