第4回 2022日本コンセプトアートデザイン賞

概念設計は創造的思考の体現である。概念設計は理想的な思考物質化の過程である。現代のデザイン科学では、概念はあるものや発展過程の特徴と意義を代表する可能性のある人型について熟考した結論であると考えている。しかし、設計概念と予測できない市場変化との間には多くの違いがある。このギャップをどのように埋めるかは、概念設計者が過去に直面した複雑な問題である。多くの概念設計の中で「数%」の成功を探し、設計の受動性を減らすことが最も重要である。私たちは今回の試合を通じて、概念設計の商業化と物質化を発見し、発掘することを望んでいる。同時に、これも私たちのデザイナーが共同で努力する方向である。

今回のデザイン賞は東京都生活文化局、日本大阪視覚芸術協会が主催し、東京都生活文化局は東京都政府が社会の変化に適応するために設定した文化生活管理部門で、東京都全体の文化、芸術の発展と博物館、芸術館と文化遺産の全体的な運営を促進して新しい芸術文化の創作を完備し、東京の独自性と多様性を追求する芸術計画の展開、様々な芸術文化活動を支える人材の育成と国際的な芸術文化交流の促進に取り組んでいる、日本大阪視覚芸術協会は2013年に設立され、概念芸術と視覚芸術に専念する公益コミュニティである。

1.主催機関

1.1日本地区

・東京都生活文化局

・公益社団法人 日本大阪視覚芸術協会

1.2大韓民国分場区

・大韓民国ビジネスデザイン協会

1.3審査機関

優勝審査ユニット

・日本ビジュアルアーツ協会

・隈研吾と株式会社

・東京経済新聞社(報道広報)

・GKグラグシス株式会社

・東京都生活文化局

ファイナル審査ユニット

・筑波大学

・大韓民国ビジネスデザイン協会

・東京藝術大学

・東京都生活文化局

1.4審査委員会

今回の試合は合計36人を審査し、審査委員会は合計5人を審査した。

ディレクター: 石上純也 建建家

メンバー: 伊藤直樹 クリエイティブディレクター/アーティスト/実業家

メンバー: えぐちりか アーティスト/アートディレクター

メンバー: 川村元気 映画プロデューサー/小説家

メンバー: 中村勇吾 インターフェースデザイナー

・詳細を知る

2.イベント情報

2.1参加対象

・参加対象:プロデザイナー、事業主体、在学大学生。

2.2スケジュール

※イベント登録時間

・予選投稿: 2021年2月19日~4月20日

・予選発表結果: 2021年5月14日

・最終予選発表結果: 2021年7月15日

※試合後のイベント

・授賞式(未定): 9月10日

・受賞展(未定): 9月20日~10月20日

2.3イベントテーマ

・命題クラス

言――言語、文字は一つの国の民族の命脈で、芸術的な手段で言語と文字を再加工して設計を完成することは民族文化のイメージを完成する重点と難点で、「言」をテーマに命題設計を行ってください。設計タイプと手法は限定されません。

フリークラス

いかなる制限もせず、芸術に関わるデザインはすべて投稿できる。

2.4参加分類

・グラフィックデザイン(イラスト、ポスター、ロゴ、フォント、書籍、パッケージ、VI、写真など)。

・環境デザイン(ランドスケープ、ガーデニング、建築、緑化、インテリアなど)。

・製品設計(工業、製品、アクセサリー、家庭、構造など)。

・メディアデザイン(ニューメディア、ビデオ、UI、インタラクション、アート&テクノロジー、VR、ARなど)。

3.アワード情報

3.1ファイナル

・年間賞グッドデザイン賞1点、賞金 165,000円、賞品:名誉証書+トロフィー

・金賞35件、賞金 45000円、賞品:名誉証書+トロフィー

3.2優勝戦

予備選挙では金・銀・銅と入選賞が選出され、具体的な賞の数は地域によって動的に調整され、各賞の人数は金(20名)、銀(120名)、銅(500名)、入選(100名)を超えず、金銀銅賞を受賞した作品は最終選考に参加でき、予備選挙で受賞した作品は電子版の受賞証明書を発行して証明する。

3.3栄誉賞

・ベストデザイナー1件、賞品:賞金¥50000円、紙の栄誉証明書

・最優秀指導教員1件、賞品:賞金¥35000円、紙の栄誉証書

・優秀なデザイナー、賞品:電子栄誉証明書

・優秀な指導教師、賞品:電子栄誉証明書

・優秀な組織団体/機関、賞品:電子栄誉証明書

4.参加費とルール

・今回の大会には参加費用は必要ありません。

5.全体的なプロセスと参加手順

5.1エントリー

・大会はオンライン登録のため、ウェブサイトにログインして登録する www.osakavision.jp が必要です。

・この登録をクリック

5.2投稿

・オンライン登録と同時に作品をアップロードする必要があり、作品は圧縮パッケージでアップロードする必要がある。

・作品ファイルが大きすぎる場合は、作品を圧縮パックにしてosakavision@hotmail.comに送信できます。

5.3第1ステージ優勝戦

・第一段階審査は2021年2月19日から4月20日までに完成し、今回の審査審査は金、銀、銅、入選賞を出した。

5.4 第2ステージファイナル

・第二段階審査は7月10日に結果を発表し、決勝戦は優勝試合の金銀銅賞作品を再審査し、合計36の賞を選出した。

6.お問い合わせ

・問い合わせメールボックス組織委員会:col@osakavision.jp

6.1各地区ウェブサイト

・大会組織委員会公式サイト www.osakavision.jp

・大韓民国大会区公式サイト www.kbda.co.kr

Top